合気道について

合気道は、武道家・植芝盛平が大正末期から昭和前期にかけて創始した武道。昭和44年創始者死去、植芝吉祥丸が二代目道主となる。吉祥丸道主逝去により合気道三代目道主を継承し、現在に到り植芝守央が父植芝吉祥丸と祖父開祖植芝盛平の武道を引き継ぐ。昭和06年現在の東京都新宿区若松町に合気道専門道場を建設する。開祖植芝盛平翁の意を体し合気道の稽古により互いの心身練成をはかり、合気道を社会に普及することを目的に財団法人合気会が設立され、政府より昭和15年に公益法人の認可を受ける。昭和23年 名称を皇武会から合気会と改め、文部省の認可を受け「財団法人 合気会」となり、合気道を発展と普及する唯一の組織となる。

 

開祖植芝盛平翁
(1883-1969)

 

合気道二代道主 植芝 吉祥丸
(1921–1999)

 

合気道三代道主 植芝 守央
1951 ~

 

合気道とは

合気道は、開祖植芝盛平翁(1883-1969)が創始した最も美しい日本の現代武道の一つです。大正9年の終わりに、植芝盛平翁が日本伝統の武術の奥義を究め、さらに厳しい精神的修行を経て、体術・武器術(剣・杖)の技を含み、心身の練成を目指す独自の総合武術を発展させた。

他武道と違って、合気道では“合理的な”体の運用・体捌きを用いて“相手の力と争わず”に相手の攻撃を無力化する。相手の攻撃のエネルギーを活用し、最小の力でその相手の重心(中心軸)・体勢を容易にコントロールし導き崩すことが合気道の重要な理念である。

武術をベースにしながらも、理念としては、武力によって勝ち負けを争うことを否定し、合気道の技を通して敵との対立を解消し、自然宇宙との「和合」を実現するような境地に至ることを理想としている。

合気会では段級位制をとり、八級から壱級までの級位と初段から八段までの段位が存在する。試合が行なわれないため、昇級・昇段(初段から四段まで)審査は受験者が審査員の指定した技を演武する形式をとる。試合を行わない合気道では、各自の技量の向上と世間一般への普及を目的として、各会派が定期的に国際・国内、都市や学生の演武会を開催する。

稽古の積み重ねが健康によいのは言うまでもなく、日常生活において何事にも積極的に取り組む自信が自然と培われてきます。技を左右同じ動きで同回数繰り返すため、左右の身体の歪みを取る効果があり、呼吸とリラクゼーションに集中するためストレス解消効果もある。何回も繰り返す合気道の動きのおかげで普段の生活の中どんな状況でも落ち着いて冷静に対応できるようになる。

現在、武道としての合気道にはいくつかの会派が存在しており、合気道創始者・植芝盛平の興した合気道界の最大会派、 財団法人 合気会 が合気道人口の8割を占めると言われる。現在は創始者の孫である植芝守央が3代目道主を務める。合気道は日本国内に留まらず、海外で広く普及しており、現在約95 ヶ国にその裾野を広げている。世界の合気道人口は現時点で160万人までに増えたと言われる。

合気道界で最大勢力の合気道統括組織の合気会は昭和23年より文部省の認可を受け「財団法人 合気会」となった。政府より公益法人の認可を受けた、社会へ合気道の普及発展を推進する団体である。合気会は全国、世界の合気道の普及に取組み、各地の支部道場の指導運営に携わると同時に会員の稽古、指導者の育成を東京にある本部道場において行っている(公益財団法人 合気会 合気道本部道場〒162-0056 東京都新宿区若松町17-18 電話:東京(03)3203-9236(代), FAX:東京(03)3204-8145)。

現在公益財団法人合気会の理事長を務め、合気道教育機関の道主は開祖植芝盛平 の孫の植芝守央である。本部道場では30人以上の師範、指導員が積極的に勤めている。合気会の重大な任務の一つは各地の支部道場の指導運営に携わることであり、この目標を果たすべく、定期的に国内・海外のあらゆる合気道団体のために合気会本部道場よりの指導者に割り当てられたセミナーの計画が行われる。公益財団法人合気会は合気道合気会の昇段審査の指導運営を行ない、受験の合格の認定および合気道合気会の資格に相当する証明書を発行する唯一の組織である。